鍵のかけ忘れにご用心

空き巣の入りやすい家には特徴があります。まず当たり前のことですが、普段鍵をかけてない家です。
実は空き巣が一番入る場所は玄関なのです。
出掛けるときに玄関ドアに施錠はしますが、ちょっとお隣に回覧板を渡してきたり、登校する子どもを大通りまで見送ったり、数分の留守でも空き巣は入ってきます。
そういう開け放しの家かどうかは、前もって泥棒が下調べするそうです。

そしてその家の生活パターンを覚えるため、家を空けるほんのちょっとの時間でも簡単に忍び込むことができるのです。

玄関以外にも、普段開け放しのことが多い、お風呂場やトイレなども注意が必要です。お風呂やトイレはプライベートな場所なだけに、外から見にくいところに作られていることが多いので、空き巣も安心して入れるのです。

よく、窓に格子をつけているお宅がありますが、一般的な格子は結構簡単に取り外しができます。格子があるので窓を開けていても大丈夫とは安心はできません。

空き巣対策には、なにより施錠が大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>